安全マネジメント概要

1. 輸送の安全に関する方針

社訓

  • プロの自覚

  • 無事故を使命とする

安全方針

  1. 安全の確保に努める
  2. ルールを厳守する
  3. 日々改善を図る

2. 社員への周知の方法

  • 始業点呼及び終業点呼時の復唱
  • 点呼場及び乗務員休憩室への掲示
  • 乗務員講習会での復唱

3. 取り組み事項

  • 安全マネジメントの根幹である「点呼」「ヒヤリハット」「コミュニケーション」のスキルアップを図ります。
    • 点呼…乗務員から積極的に体調等を告げてもらいコミュニケーションを図っています。
    • ヒヤリハット…終業点呼時に情報を収集し共有化し個別・集団時では事例検討に特性要因図を使用し、危険因子を見つけ出しています。
  • 日頃より、P(計画目標)D(実行)C(チェック)A(改善)サイクルをまわし事故防止に取り組んでいます。
  • 乗務員はじめ社員が常に安全意識を高くもち、事故災害が発生した場合には、お客様の救護を最優先に行い、他の機関と連携を保ち、被害の拡大防止を図るとともに輸送の安全に関する情報について、積極的に公表いたします。

4. 輸送の安全に関する具体的な目標と結果

  • 重大事故0を目指します。
  • 有責(相手方に損害を与える)事故件数を前年度発生件数の半分にします。
  • 労働災害事故の0を目指します。

平成29年度の取り組み目標と結果

単位(件数)

重大事故 有責事故 労働災害事故
目標 0 0 0
結果 0 0 0

(平成29年4月~平成30年3月)

平成30年度の取り組み目標と結果

単位(件数)

重大事故 有責事故 労働災害事故
目標 0 0 0
結果 0 0 0

(平成30年4月~平成30年7月末現在)

5. 平成30年度分事故防止に取り組む事項

担当者 事項
管理者
  • 定期的にNASVAの適性診断受診
  • 運転中の乗務員の映像を分析し指導
  • ドライブレコーダー映像の事例検討会で導き出されたデーター分析
  • メンタル面強化をするために専門家からレクチュァーを受け、今後の指導に繋げる。
乗務員
  • 定期的にNASVAの適性診断受診
  • ドライブレコーダー映像による「ヒヤリハット」事例検討
  • バス協会主催の事故防止研修会へ参加
  • メンタル面強化のためカウンセリングを専門家を委嘱して実施
  • 雪道走行訓練の実施
事務職員
  • 事故防止の研修を受ける

6. 運行業務点検の実施

旅客自動車運送事業運輸規則第48条(運行管理者の業務)等に基づいた運行業務が適切に実施されているか検証するため、 担当者が8月・12月・3月の年3回の業務点検を実施し、助言・改善点の指導を行う。

7. 運行業務の適正化(平成30年4月~平成31年3月31日)

    • 内部監査(平成30年12月4日実施予定)
監査責任者をはじめ、監査員が内部監査規程に基づき、経営トップへのインタビューを実施。また事故防止への取り組みについて安全管理規定の理想の安全に関する重点施策第四条五項の教育及び研修に関する具体的な計画について確認。社長・安全統括管理者に対してインタビューを実施し、事故防止への 取組み及び「運輸安全マネジメント」制度の進行状況の確認。

8. 安全運転管理・指導計画表

平成30年度

指導・教育
4月
  • 繁忙期に向けての体調管理、健康管理の重要性
  • 飲酒運転撲滅・アルコールの基礎知識
  • 非常口からの脱出の仕方訓練
  • 動画による点呼教育
  • 安全性の向上を図るための装置を備えた貸切バスの適切な運転方法
5月
  • 安全の確認・再確認の徹底と、その方法と改善
  • 体調管理の重要性
  • 危険予測及び回避、危険箇所についての討論
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
6月
  • 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対処方法
  • コミュニケーションの必要性
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
7月
  • イレギュラー時の措置
  • 事故・大地震発生時・異常気象時における対応・対処方法
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
8月
  • 車輌の点検作業の再確認
  • 事業用自動車の構造上の特性
  • 非常用信号用具、非常口、消火器等
  • 乗車中の旅客の安全確保をするために留意すべき事項の確認
9月
  • 他人の運転ぶりを観察
  • 点呼による健康チェック強化
  • 運転者の運転適正に応じた安全運転
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
10月
  • 標語の募集・掲示
  • 点呼による健康チェック強化
  • 乗車中の旅客の安全を確保する為に留意すべき事項
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
  • 障害者の乗降時の安全の確保
11月
  • 主として運行する路線もしくは経路または営業区域における道路及び交通の状況
  • 冬支度・運転指導
  • 過労防止のためのカウンセリング強化
12月
  • 事業用自動車の運行の安全及び旅客の安全を確保する為に遵守すべき基本的事項
  • 冬の運転方法、チェーン装着等訓練の実践
  • バスの構造上の特性の確認
1月
  • 事業用自動車を運転する場合の心構え
  • 消防署による消火手順の徹底
  • 交通事故の実例の分析に基づく再発防止対策
  • ドライブレコーダーの記録を利用した運転者の運転特性に応じた安全運転
2月
  • 旅客が乗降する時の安全を確保する為に留意すべき事項
  • 自分のクセを知る、適正診断・クレペリンに基づく個別指導
  • 健康管理の重要性について
  • 雪道実技研修
3月
  • 事業用自動車を運転する場合の心構え、危険の予測及び回避
  • 初任、適齢、特定受診者に対する運転特性を分析し、カウンセリング実施
  • 実技研修

下記の項目については毎月行う事とする

指導・教育
  • 急の付く回数が多い運転者への意識向上
  • ヒヤリハット事例検討研修

9. 輸送の安全に関する投資額

  • 輸送安全に関する投資(単位:万円)
内容 金額
高齢運転手(65歳以上対象)への脳ドック受診 10
福利厚生費 50
人間ドック(一般運転手事務職員) 60
合計 120
    • ※適性診断
      • カウンセリング付定期診断
      • 初任診断
      • 適齢診断
    • ※NASVAが実施する全講習…バス協会助成金より
      • 安全マネジメント講習
認定セミナー
      • ガイドライン H30.9.28 9:00~12:30
      • リスク管理 H30.9.28 13:30~17:00
      • 内部監査 H30.9.28 13:30~17:30
    • 一般講習
    • 基礎講習